大手にはない柔軟な審査対応と独自のポイントサービスで人気がある中小消費者金融のライフティ。

大手のようにキャッシュカードを発行しているので、カードローンのようにいつでも指定のATMからお金を引き出すことが可能です。

このライフティカードのサービス内容を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク


ライフティカードの利用可能なATMと手数料

ライフティカードは全国のセブン銀行ATMでのみ使えます。セブン銀行ATMは全国のセブンイレブンやイトーヨーカドー、商業施設や金融機関、空港、駅、サービスエリア、オフィスビルなどにあります。

手数料は借入・返済ともに1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円かかります。

23:40~翌0:20を除いた時間帯に利用可能です。

他社キャッシングカードのサービス内容

大手消費者金融5社とセントラルという中小消費者金融がキャッシュカードを発行しています。各社のサービス内容を解説します。

アコム

全国のアコムATMなら手数料無料で借入・返済ともに利用できます。

以下の提携ATMを利用する際は1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円かかります。

主な提携ATM

三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
イオン銀行
イーネット(ファミリーマートやサークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、スーパーのライフ、サミット、ドン・キホーテなど)

ATM時間外、毎週月曜日午前1:00~5:00は利用できません。

また、カードローン専用アコムカードではなく、クレジットカード機能もついたACマスターカードであればキャッシングもクレジット利用もできます。

アイフル

全国のアイフルATMなら手数料無料で借入・返済ともに利用できます。

以下の提携ATMを利用する際は1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円かかります。

主な提携ATM

三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
イオン銀行
西日本シティ銀行
親和銀行
イーネット(ファミリーマートやサークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、スーパーのライフ、サミット、ドン・キホーテなど)

借入のみ可能な提携先として福岡銀行と熊本銀行、返済のみ可能な提携先としてファミリーマートのFamiポートとローソンなどのLoppiがあります。

アイフルATMの営業時間は7:00~23:00まであることが多く、提携先ATMは提携先利用可能時間内でメンテナンス時間を除いた時間帯に利用可能です。

プロミス

全国の三井住友銀行ATMとプロミスATMは手数料無料で利用できます。

以下の提携ATMは1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円かかります。

主な提携ATM

セブン銀行
ローソンATM
イーネット(ファミリーマートやサークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、スーパーのライフ、サミット、ドン・キホーテなど)
三菱東京UFJ銀行
各地の地方銀行

簡単な条件がありますがゆうちょ銀行も利用可能です。ファミリーマートのFamiポートかローソンなどのLoppiだと手数料ゼロで返済できます。

ちなみにプロミスは上限金利が17.8%と、他の大手消費者金融の18.0%よりも0.2%低い金利になっています。

モビット

全国の三井住友銀行ATMは手数料無料で利用できます。

以下の提携ATMは1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円かかります。

主な提携ATM

三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
イオン銀行
親和銀行
イーネット(ファミリーマートやサークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、スーパーのライフ、サミット、ドン・キホーテなど)
プロミス
ゆうちょ銀行
各地の地方銀行

信用金庫やJR東日本のVIEW ALTTEマークのATMでも借入ができて、ファミリーマートのFamiポートかローソンなどのLoppiでも返済できます。

レイク

全国のレイクATMと、さらに以下の提携ATMでも手数料無料で借入・返済ともに利用できます。

主な提携ATM

セブン銀行
ローソンATM
イオン銀行
イーネット(ファミリーマートやサークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、スーパーのライフ、サミット、ドン・キホーテなど)
ゆうちょ銀行

深夜や朝の早い時間帯は利用できません。

セントラル

セントラルATMが手数料で利用できる他、ライフティ同様セブン銀行ATMで借入・返済ともに手数料として1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円で利用できます。

セントラルATMは首都圏と愛媛周辺のセントラル店舗にのみあります。

ライフティカードを他社カードと比較して

大手消費者金融のカードは手数料無料のATMがあって多数の提携ATMがある対し、ライフティカードは手数料無料のATMはなく利用できるのもセブン銀行だけです。

手数料と利便性だけで考えると、コンビニATMやゆうちょ銀行などを手数料なしで利用できる新生銀行のレイクがダントツでした。

最後に

ライフティカードのキャッシングカードとしての機能は他社に比べて劣っていると言わざるをえません。

ですので、借入する際にはWeb上から振込融資を依頼して口座から引き出すことをおすすめします。また、返済に関しては返済額によってはネット銀行から振込したほうが安くなる場合があります。

スポンサーリンク