消費者金融として中堅に位置するライフティ。大手の消費者金融にはない独自のポイントサービスや柔軟な審査を行っているのですが、ネット上には「ライフティはヤミ金で、被害にあった」という声もあります。

ライフティは本当にまっとうな消費者金融なのか、他社と比較してどこが優れているのかを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク


ライフティの評判・口コミは

ライフティは大手の消費者金融のように広告を打っていないので知名度は高くありませんが、大手の消費者金融で審査が通らなかった人でもライフティでは融資を受けられたという口コミが多数あり評価も高いです。

ただし、どんな人でも借りれるということではなく当然審査はあります。審査時間は他の消費者金融と比べるとやや長めのようです。

ライフティはヤミ金ではないのか

ライフティは貸金業登録をしており任意参加の日本貸金業協会にも所属しているまっとうな消費者金融です。

それでは何故「ライフティはヤミ金」という注意喚起があるのかというと、ライフティの名前や住所を使ったなりすましのヤミ金も存在するからです。

日本貸金業協会の悪質業者検索サービスを使うと、最低でも4社ものニセモノが存在することがわかります。

本物のライフティがちゃんとした会社であるために、それを利用した悪質なヤミ金もいるのだと思われます。

こちらが公式サイトのURLと電話番号になります。
http://www.ryfety.com/
0570-200-206(平日9:30~18:00)

ライフティのサービス

数ある消費者金融の中でライフティはどのようなサービス内容か、ライフティ独自のポイント制度を解説していきます。

ライフティの申込対象

ライフティは20歳から69歳までを審査対象としています。他の消費者金融でもこれぐらいの年齢制限が一般的です。

ライフティの金利

ライフティの実質年率は8.0%~20.0%で、上限金利は利息制限法で制限されている20.0%と同じ利率です。

ただし、同法律では元本が10万円以上100万円未満は18.0%、100万円以上は15%を上限としており、ライフティから10万円以上借り入れする際にはこちらの利率が適用されます。
他社金利と比較
大手消費者金融4社は10万円未満でも18.0%、プロミスであれば17.8%が上限になっています。

中小の消費者金融と比較すると、同じく中堅のセントラルは10万円未満でも18.0%を上限としています。小さい消費者金融だと10万円未満でも20.0%のところがほとんどですが、社会保険必須の関東信販は16.98%、地域限定のニチデンは17.52%とライフティより低く設定されています。

利率は他社と同等かやや高いライフティですが、後ほど詳しく解説するライフティの独自のポイントを使えば利率を下げたり無利息にしたりできます。

ライフティの無利息期間

大手の消費者金融は最初の30日間だけ利息がゼロで利用できるサービスがありますが、ライフティにも同様のサービスがあります。

ライフティの場合、初回借入から35日間が金利0円になります。

ライフティポイントについて

ライフティはポイントサイトも開設しており、ポイントサイト経由でクレジットカード申込や商品購入することでポイントを貯められる他、ライフティからの借入や返済をしてもポイントが貯まります。

ライフティの利便性

ライフティは大手消費者金融のようにカードを発行しており、手数料はかかりますが全国のセブン銀行ATMで借入・返済ができます。

また、インターネットや電話での借入申込も可能で、返済はセブン銀行ATMや銀行振込、ネット銀行などからも可能です。

ATM利用時は手数料もかかり大手消費者金融と比べると少し不便ですが、他の中小消費者金融と比べれば利便性は高いと思われます。

貯まったポイントはドットマネーのポイントに交換できる他、1ポイント1円としてライフティの元金返済、ある程度貯まれば利率の削減や無利息期間を設けることに利用できます。利息削減は最小で13.0%まで下げることができます。借入額や利用期間に合わせて最適なものを選択できます。

スポンサーリンク


ライフティの審査

ライフティの審査の特徴や審査にかかる時間、審査落ちしないための対策などを解説します。

ライフティの審査基準

大手の消費者金融だと自己破産や支払い延滞などの履歴がある「金融ブラック」と呼ばれる人はそれだけで審査落ちしてしまいますが、ライフティはそういった人にも柔軟に対応しています。

ただし、消費者金融なので「総量規制」という制度が適用され、年収の3分の1の金額までしか借りることができません。ライフティから借入がなくても他の消費者金融からの借入額が年収の3分の1に達している場合は審査は通りません。

ライフティの審査時間

ライフティから借入するのに最短で即日という声もありますが、長い人だと数週間待ったという人もいます。ライフティの公式サイト上には審査の早さを売る言葉はありません。

ライフティは大手に比べると審査に時間がかかる傾向があるようです。金融履歴や収入に問題ない人であれば即日や翌日に融資を受けられる可能性がありますが、金融ブラックや多重債務に陥っている人は審査の長期化も覚悟したほうがよさそうです。

審査落ちしないために

審査を申し込む際には以下の4点に気をつけてください。

総量規制

軽く前述しましたがライフティは消費者金融ですので、年収の3分の1までの金額までしか借りられないよう法律で規制されています。

すでに他の消費者金融から規制ぎりぎりまで借りているときには審査通過することができなくなるので、一度返済して余裕を作ってください。

借入総額を減らす

消費者金融から借入がある場合、他の消費者金融にも現在の借入額がわかるようになっています。

まだ総量規制の上限まで余裕があるにしても給料日などのタイミングで、できる限り借入を減らしてから申込することをおすすめします。

借入件数を減らす

借入をしている消費者金融の数が多いと、多重債務者とみなされ審査で不利になります。

出来れば借入をする会社を1つにまとめてからの申込をおすすめします。

他社借入額・件数を正確に入力する

前述しましたが、消費者金融は申込者の他社借入額・件数を把握しています。

もし誤った情報を入力してしまうと、ライフティにあなたが正確な借入を把握できていない金銭的にだらしない人だと判断されてしまいかねません。他社借入額・件数は正確に入力しましょう。

まとめ

ライフティのデメリットは金利が高めであること、審査が長めであることです。

ですが、初めて利用する場合には利息が35日間利子が無料になること、独自のポイント制度があること、大手よりも柔軟に審査してくれることがメリットとしてあります。

即日性だけはありませんが、大手の消費者金融で借入ができる人であってもオススメできる消費者金融です。

スポンサーリンク