未成年であっても18,19歳にもなれば学費やショッピング、レジャーなど、お金が必要になって消費者金融の手を借りたいときもあるかと思います。

しかし、ほとんどの消費者金融は未成年の申込をお断りしています。

未成年と消費者金融について、未成年でも利用可能な金融サービスを解説していきます。

スポンサーリンク


消費者金融が未成年と契約しない理由

多くの消費者金融では審査対象を20歳以上としており、未成年を相手にしていません。それには以下のような理由があります。
①契約取り消しの可能性
②安定収入した収入を持たない

契約取り消しの可能性

民法上、未成年が親の同意を得ずに結んだ契約は取り消すことが可能となっています。

取り消しといっても、既に使ってしまったお金は返還する必要がありません。

消費者金融としては未成年と知ったうえで契約した場合、一方的にその契約を取り消されても仕方がないのです。

安定した収入を持たない

消費者金融が融資できる金額は年収の3分の1までになっています。

未成年は収入が少ないので、消費者金融は貸せる金額も小さくなり利子も少額になります。

社会人経験や勤続年数も短く、離職して返済ができなくなるリスクもあります。

未成年で契約する条件

収入が少ないことはともかく、契約取り消しのリスクがある以上消費者金融はお金を貸してくれません。

ですが、未成年でも以下の条件を果たせばお金を借りることができます。

親権者の同意を得ている場合

親権者の同意を得ている場合は、未成年でも契約が可能になります。

結婚している場合

結婚している場合は成人として扱われるので、契約の取り消しはできなくなります。

未成年が契約するときの注意点

未成年が消費者金融からお金を借りる際は以下の2点に気をつけてください。
①年齢、親権者同意の詐称
②ヤミ金
③借りすぎ

年齢、親権者同意の詐称

もし18,19歳なのに20歳以上と偽ったり親権者の同意書などを偽造すると契約取り消しはできなくなり、しっかり返済しなければならなくなります。

ヤミ金

未成年でもOK!、というようなチラシや張り紙があっても安易に信用しないほうが良いです。

正規の消費者金融になりすましたヤミ金も存在するので気をつけてください。

借りすぎ

借りたお金はいつかは必ず完済しなければなりません。返済するのは大変なことですが、社会経験が浅い未成年にはそれがわかりません。必要以上に借りることのないよう気をつけてください。

未成年のクレジットカード・学生ローン

未成年では消費者金融からお金を借りるのは困難です。

ですので、未成年向けの以下のサービスを利用することをおすすめします。
①クレジットカード
②学生ローン

クレジットカード

クレジットカードの中にはキャッシングできるものもあります。キャッシングができないものでも生活に必要なものを分割で買うことができます。

クレジットカード会社にとって未成年は、成人後に優良客になってくれる可能性があります。そのため、未成年向けのクレジットカードサービスで積極的に申込を募集しています。

18歳以上(高校生不可)で、未成年の場合親権者の同意があれば申込可能なものを紹介します。一部は学生限定です。

三井住友VISAデビュープラスカード

18歳以上25歳以下専用のカードで年会費初年度無料、2年目以降は前年度に1度利用するだけで無料になります。学生用と学生以外用があります。

学生用が最大で総利用枠が30万円。ショッピング利用枠が30万、リボ・分割払い30万、キャッシングは5万円です。

学生以外用が最大で総利用枠が80万円。ショッピング利用枠が80万、リボ・分割払い80万、キャッシングは50万円です。

1000円利用で2ポイント貯まり、楽天ポイントなどに交換すると1ポイントで5円相当で交換できます。

JCB CARD EXTAGE

18歳以上25歳以下専用のカードで、年会費は初回更新の5年後まで無料です。

2000円利用で3ポイントのJCBの「Oki Dokiポイント」が貯まり、1050ポイントでJCBギフトカードへの交換ができる他、1ポイント4.5円相当でキャッシュバック(1000ポイント以上1000ポイント単位)などができます。

学生専用ライフカード

18歳以上の学生対象のカードで、年会費は卒業後も無料です。

最大で総利用枠が30万円。ショッピング利用枠が30万、リボ・分割払い30万、キャッシングは10万円です。

1000円利用で1ポイント貯まり、1000ポイントでAmazonギフト券5000円との交換等が可能です。

楽天カード アカデミー

18歳以上28歳以下の学生限定のカードで、年会費無料です。

最大で30万円までのショッピング枠がつきます。

100円で楽天ポイントが1ポイント貯まり、楽天での買い物などに利用できます。

楽天カード

こちらは通常の楽天カードで、学生でなくても18歳から申込可能です。年会費無料です。

100円で楽天ポイントが1ポイント貯まり、楽天での買い物などに利用できます。

三菱UFJニコス ViASOカード

18歳以上から申込でき、年会費無料です。

最大で100万円のショッピング利用枠がつき、審査結果によってはキャッシング機能もつきます。

1000円利用で5ポイント貯まり、1000円以上貯まると1ポイント1円でオートキャッシュバックされます。

エポスカード

18歳以上から申込でき、年会費無料です。

ショッピング枠だけでなくキャッシング枠付与の望みがあります。

200円毎に1ポイント、リボまたは3回以上の分割払いでは2ポイント貯まります。貯まったポイントはエポスVisaプリペイドカードや全国共通ギフト券、クオカードなどに交換できます。

Yahoo!Japanカード

18歳以上で安定した継続収入がある人が申込可能です。

100円でTポイントが1ポイント貯まり、Tポイントとして利用したり1000ポイント以上貯めれば100ポイント→85円の交換レートで現金やSuikaに交換できます。

JALカード navi(学生専用)

18歳以上30歳未満の学生限定で、在学期間中は年会費無料です。

利用可能枠は最大で10万円です。

200円で1マイル貯まり、貯まったマイルはJALクーポンなどに交換できます。

リクルートカード

18歳以上から申込可能で、年会費無料です。

ポイント還元率は1.2%で、Pontaポイントへの交換やリクルートの様々サービスで利用できます。

スポンサーリンク


学生ローン

学生限定ですが、学生ローンであれば未成年でも借りられるものがあり、一般的な消費者金融よりも低い利率で借りることができます。

学生ローンも20歳以上限定のものがあるのですが、ここで紹介するのは未成年でも申込できるものです。

カレッヂ

新宿区高田馬場に店舗を構える学生ローンで、全国から申込可能です。

未成年は限度額10万円。実質年率は17.0%、友人を紹介することで利率が下がります。

フレンド田

こちらも新宿区高田馬場に店舗を構える学生ローンで、全国から申込可能です。

実質年率は17.0%、友人を紹介することで紹介料をもらえたり年率が下がるキャンペーンがあります。

アミーゴ

こちらもまた新宿区高田馬場に店舗を構える学生ローンで、全国から申込可能です。

実質年率は16.8%、学費目的の借入なら利率が下がるキャンペーンもあり、友達を紹介するとキャッシュバックされます。

マルイ

またまた新宿区高田馬場に店舗を構える学生ローンで、全国から申込可能です。

実質年率は最大17.0%で、友達を1人紹介するたびに利率が1.2%下がるキャンペーンがあり、15人紹介すると0%になります。また、紹介した友達の利用額に応じてクオカードがプレゼントされます。

アイシーローン

首都圏在住の人限定の学生ローンです。

実質年率は最大20.0%で、友達を1人紹介するたびに1.0%利率が下がっていきます。

筑邦銀行キャンパスカードローン

九州の筑邦銀行の営業範囲限定のカードローンです。

利率は8.8%と、非常に低い金利になっています。

未成年でも借りられる消費者金融

以下の消費者金融は未成年も審査対象にしています。

スペース

大阪の堺にある会社で、申込は電話かWeb上で全国から受け付けています。実質年率は8.0%~18.0%です。

口コミでは審査で根掘り葉掘り聞かれた、というものがよく見かけられます。

審査時間が長い傾向があり、1,2週間待ったというもの口コミもありました。

最後に

学生ローンの口コミは非常に良くないものが多いです。そのほとんどは借りすぎて返済で苦しんだことに対しての半分逆恨みのものでした。

未成年の借入には親権者の同意が必要ですが、成人後は自分ひとりで決められるようになります。ですが、成人直後はまだ判断能力が十分ではありません。

レジャーやショッピングなどで必要以上に借りたりせず、必要最低限だけ借りるように気をつけてください。

スポンサーリンク