消費者金融に限らずクレジットカードやキャッシング、銀行ローンや住宅ローンなどと関わってくるのがブラックリストと呼ばれる信用情報。

ブラックリストに名前が乗っていると審査が通らないというのは本当か、詳細を解説していきます。

スポンサーリンク


ブラックリストとは

ブラックリストとは個人信用情報機関に登録されている個人の金融事故歴のことです。この金融情報には個人がクレジットカードへの申込と契約、キャッシングの申込と契約内容・現在いくら借入しているか、返済の延滞、自己破産などの債務整理の情報などがそれぞれ掲載される期間は異なりますが載っています。

厳密に言えばブラックリストというのは存在しておらず、個人の金融情報に事故歴がある人がブラックとして扱われているのです。個人の金融情報自体は延滞や自己破産などの事故を起こしていない人でも登録されており、審査で確認されています。

ブラックリスト入りでも借りられる消費者金融

金融ブラックとして信用情報よりに傷がついていると銀行ローンやクレジットカード発行は絶望的です。消費者金融であってもアコムやアイフル、プロミスといった大手の会社は審査が通らなくなります。

しかし、中小の消費者金融であれば信用情報よりも現在の返済能力を重視する会社が多いので、過去に自己破産を起こした人であっても現在安定した収入があれば審査が通る可能性は十分にあります。金融ブラックでどうしてもお金を借りたい方は中小の消費者金融に相談しましょう。

ブラックリストから名前を消すには

一度ブラックリストに乗ったからといって一生ブラックというわけではありません。個人信用情報機関や事故の内容によって期間は異なるのですが、長くて5年,10年で事故情報は消えます。ただし、借金を返済せず催促を受け続けるといつまでもブラックリストに乗ったままになることがあるので要注意です。中小消費者金融であっても、債務整理を行わずに現在も支払い延滞を続けている人にはお金を貸すことはないでしょう。

また、ネット上に個人信用情報機関に手数料を払うことで事故情報を削除できる、といった情報がありますがこれは間違いです。事故情報自体が誤りであれば別ですが、事実であれば訂正や修正はできません。
債務整理の業者と繋がっていて、そちらへ誘導していることがあります。債務整理をしたいなら話は別ですが、勝手に債務整理で話を進められたり変な業者に騙されないようにしてください。

消費者金融からお金を借りるとブラックリストに?

消費者金融に申込、お金を借りても金融ブラックにはなりません。

ただし、キャッシングをすると他の金融機関にも現在の借入額がわかるようになっています。あまりに多額の借金があると審査で不利になる可能性はあります。また、キャッシングの審査では年収だけでなく現在の借入額も考慮して上限額を設定されるでしょう。

スポンサーリンク