スポンサーリンク


0942392399からの発信元は消費者金融エクセルの久留米店で、2017年10月現在金融庁の登録貸金業者検索サービスでエクセルのみが登録していることを確認できます。

用件は①キャッシング申込の確認、②審査結果の連絡、③増額の勧誘、④返済延滞の催促などが考えられます。

返済延滞の場合は無視し続けることは危険です。エクセルを利用されている方はまず振込忘れなどで返済延滞が起きていないか確認されることをおすすめします。

返済延滞の催促を無視し続けると大変なことに
返済が延滞し債務者と連絡が取れない場合、金融機関は自宅や職場に電話をかけたり自宅に手紙や封筒を送ってでも連絡を取ろうとします。そうなった場合、あなたがお金の問題を抱えていることが家族や職場の人にばれる恐れがあります。

ですので、すぐに返済するのが難しいときであっても必ず連絡して今後の支払いについて相談する必要があります。

返済を延滞し続けると
返済延滞の期間が長くなると延滞の記録が残り、いわゆる金融ブラックになってしまい数年はクレジットカード発行やキャッシングの審査などで非常に不利になってしまいます。

本当は返済可能だったのに金融ブラックになってしまうことにならないよう注意しましょう。

おまとめローンを使えば月々の返済金額や利率を下げて負担を軽くすることができます。

悪質業者にはご注意を
エクセル公式サイトでは違法な悪質業者について注意喚起されており、2017年10月現在日本貸金業協会の悪質業者検索で「エクセル」と検索するとエクセルと名乗る悪質業者が2017年10月現在で6つもいることがわかります。

0942392399は正規の電話番号なので大丈夫ですが、融資を持ちかける電話やFAX、チラシがあったときはフィッシング詐欺などの可能性を考慮し、安易に個人情報を伝えないようにしましょう。

Eメールから偽サイトに誘導、個人情報を入力させるケースもあります。巧妙になりすますこともあるので注意が必要です。

金利が年率1.0%など通常ありえないような低い金利を提示されても、保証料などの名目でお金を騙し取るのが目的ですのでヤミ金には関わってはいけません。

スポンサーリンク