スポンサーリンク


0120182600の発信元はカード会社のアプラスです。

口コミでは用件は限度額引き上げの勧誘やキャンペーンやリボ払いの営業だったというものが多数なので、アプラスに申し込みや借り入れをしていない人は無視しても問題なさそうです。

しかし、今後この電話番号から催促が来る可能性がないとは言えません。

0120182600の発信元は本当にアプラスか?電話の用件は?

0120182600の電話番号については金融庁が提供する登録貸金業者情報検索入力ページから、株式会社アプラスが登録していることが確認できます。

0120182600からの電話に出ても相手はアプラスとは名乗らず苗字などの個人名を名乗るのですが、これは電話に出た相手が債務者本人ではなく家族や勤務先の同僚などであった場合、アプラスを名乗ると利用や借入の事実が他の人にばれてしまうため、これを避けるためです。

用件は新規契約申し込みに対する本人確認、借入可能額増額やリボ払いなどの電話営業の可能性が高いますが、今後この電話番号から催促が来る可能性もなくはないので、現在アプラスから借り入れをしている方は念のため口座残高不足や振り込み忘れなどで支払い延滞を起こしていないか確認すると安心です。

対応としてまずは返済のご確認を

アプラスを利用していなかったり完済しているのに電話が来た方は営業や間違い電話の可能性が高いです。無視してもしつこくかかってくるようであれば一度アプラスに連絡して電話営業を止めてもらうよう依頼することをおすすめします。

アプラスのカードでショッピングやキャッシングを行なっている人は返済を忘れていたり、口座残高不足で引き落としができていないか確認して、もし返済できていない場合は直ちにアプラスに電話して支払い予定日の相談をされることをおすすめします。

スポンサーリンク