アルバイトやパートもしているならともかく、仕事をしていない無職だと返済の信用性が下がってしまうことは言うまでもありません。

収入がない無職であっても借入可能な消費者金融はあるのか、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク


無職の消費者金融からの借入は原則不可

残念ながら無職の人は原則借入ができません。それは「総量規制」という法律上の決まりがあるからです。

無職が借り入れできない理由

「総量規制」で年収の3分の1を超える金額を消費者金融から借りることができようになっています。ですので、収入がゼロの場合は借入可能な金額もゼロです。

無職といっても年金などで収入がある場合には借入の望みがあります。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンは総量規制の対象外であるため、法律上は収入がなくても問題ありません。

ただし、銀行カードローンは消費者金融の審査よりも審査が厳しい傾向があるので、消費者金融で借入できない人が銀行カードローンで審査が通る可能性は非常に低いです。

ヤミ金にはご注意を

もし無職であっても借り入れできるという業者がいたとしたら、ヤミ金である可能性が高いです。

ヤミ金は違法な利率や取り立てを行いますので、関わらないよう気をつけてください。

借入をするには働くのがベスト

消費者金融から借り入れするには収入が必須で、収入さえあればアルバイトやパートであっても問題ありません。

返済もしていかなければならないので、まずは簡単な仕事でも働かれることをおすすめします。消費者金融は審査が緩いので勤続年数が短くても、自己破産や支払い延滞の履歴がなければ十分に審査通過の可能性があります。

月に10万円稼げば年収は120万円になるので最大で40万円、月に5万円でも最大20万円借入できるようになります。

もし働けない事情があるときは

消費者金融からの借入は一時しのぎに過ぎないので、病気や障害で長い期間働けない事情があるのであれば消費者金融からの借入はおすすめできません。

行政の支援を受けての生活保護なども視野にいれることをおすすめします。

スポンサーリンク