消費者金融の審査で重要な審査項目の1つが他社からの借入で、他社の借入状況によっては審査で非常に不利になります。

消費者金融の審査と他社借入の関係を解説します。

スポンサーリンク


消費者金融と他社借入額の関係

他社からの借入額によっては審査が通らなくなり、審査通過しても利用上限額が下げられることがあります。

審査通過への影響

総量規制といって、原則年収の3分の1を超える金額を借入することはできません。これは消費者金融1社ごとではなく合算になります。

例えば年収150万円の人であれば全ての消費者金融から最大で合わせて50万円までしか借入できません。

他社からの借入額の合計がすでに年収の3分の1に達している場合には審査通過はほぼ絶望的になります。

利用上限額への影響

もし借入がないときに複数の消費者金融と契約していて利用上限額の合計が年収の3分の1を超えるとしても、実際に借り入れできるのは年収の3分の1までです。

すでに他社から借入をおこなっている場合は、借入なしのときに付与される限度額から他社借入額を引いた金額を付与されることが多いです。

消費者金融と他社借入件数の関係

他社からの借入額だけでなく、借り入れしている会社の数も審査には影響してきます。

審査通過への影響

契約している会社の数が多いと「多重債務者」として扱われしまい、審査では不利になります。

借入件数は少ないほうが審査は通りやすくなります。

スポンサーリンク


他社借入をしている場合の審査対策

すでに他社から借入を行っている場合には、以下の2点に気をつけてください。
①借入額・借入件数を正確に入力する
②出来る限り借入額・借入件数を減らす
審査が通らないときは中小消費者金融を

他社借入額・借入件数を正確に入力する

消費者金融からは申込者が現在どれだけ借入を行っているかわかるようになっています。

ですので、もし申込時の他社借入額・借入件数に誤りがあると、消費者金融から自分の債務状況を把握できていない金銭管理を甘い人と判断されて審査で不利になったり、最悪嘘をついているとして即審査を落とされます。必ず正確に入力するように気をつけてください。

クレジットカードのキャッシング枠の利用は他社借入にカウントされますが、クレジットカードのショッピング枠は借入に入らないのでリボ・分割払いで返済があっても他社借入にカウントしなくて大丈夫です。

出来る限り借入額・借入件数を減らす

給料日など収入が入ったタイミングで一度できる限り一括返済して、借入額・借入件数を減らしてから審査申し込みしたほうが審査で有利です。

まとめ

他社借入額の合計が年収の3分の1に達している場合は審査通過は絶望的で、追加借入はできません。

他社借入件数が多い多重債務の状態だと審査で減点となってしまいます。

新しく消費者金融に審査申し込みする場合は収入が入ったタイミングに一括返済して借入額を減らしたり、借入をまとめて1社にすると審査で有利になります。

スポンサーリンク