クレジットカードよりも審査が緩い消費者金融で審査落ちするとかなりショックですね。自分を否定されたかのような気持ちにすらなってしまいます。

1社だけならともかく、2社3社と審査落ちするのであれば申込内容に問題があるのかもしれません。

消費者金融で審査落ちしてしまう原因とその対策を解説していきます。

スポンサーリンク


消費者金融の審査が通らない原因と対策

債務整理、支払い延滞などの事故情報がある

消費者金融は申込者の信用情報を信用情報機関に照会します。ここで自己破産や任意整理、個人再生、特定調停といった債務整理を行っていることや支払いの延滞などがわかると、大手の消費者金融はそれだけで審査を落としてしまいます。

債務整理や延滞をしている人は大手は避けて、中小の消費者金融に申込するのが賢明です。中小消費者金融は過去の情報にこだわらず柔軟に対応してくれます。

他社借入がすでに限界に達している

「総量規制」といって、原則として消費者金融は利用者に年収の3分の1を超える金額を貸せないことになっています。これは1社ごとではなく他の消費者金融も含めた金額なので、すでに総量規制に達している場合審査通過は厳しくなります。

もしすでに総量規制に達しているのであれば、消費者金融から通常の借入は不可能です。

多数の会社からすでに借入をしている

借り入れの件数が4社、5社のいわゆる多重債務者だと、審査通過が厳しくなります。

申込前にできる限り借入の件数を減らしましょう。

収入がない、低い

当たり前のことですが、返せる見込みがないのにお金を貸してくれる消費者金融はありません。アルバイトやパートでも働いていないと審査通過は難しくなります。
ただし専業主婦(夫)の場合、配偶者に安定収入がある場合は融資してくれる消費者金融もあります。

もし働けるのであればアルバイトやパートでも始めたほうが有利になります。

スポンサーリンク


希望金額が大きすぎる

年収や借入目的に合わない金額で申し込むと審査は不利になります。総量規制についても前述しましたが、自分の年収と他社からの借入額も考慮してないといけません。

少ない希望金額で申込したほうが審査は通りやすくなりますので、必要最低限の希望金額で申込しましょう。

借入目的が事業性資金になっている

多くの消費者金融が事業性資金としての借入をお断りしており、その際は記載があります。

事業性資金として借入する場合には、それが許されている消費者金融を選びましょう。

申込内容に誤りがある

当然のことですが申込内容に誤りや嘘があると審査は通りません。審査時には消費者金融から職場に消費者金融とバレないように在籍確認があります。

自分の住所や電話番号、メールアドレス、職場の情報などを間違えないようにしてください。
また、他社からの借入件数や借入額についても消費者金融からはわかるようになっています。申込者が現在の借入をしっかり把握できているか審査されますので、こちらも正確に入力しましょう。

最後に

現在の収入や信用情報に問題がない人であれば、消費者金融の審査で落ちることはほとんどないと思います。

収入が少ない方、すでに多額の借入がある方、過去に金融事故を起こしてしまった方だと審査が通らないこともあるでしょう。ですが、落ち込む必要はありません。中小消費者金融であれば審査基準はバラバラですので、たまたまその消費者金融では落ちただけで他のところだと通る、ということはよくありますので、一度の審査落ちでめげずに申込内容を見直していただければと思います。

スポンサーリンク