キャッシングやカードローン、クレジットカード等の審査の1つが在籍確認です。クレジットカードならともかく、消費者金融からお金を借りようとしているのは職場にバレたくないですね。職場にバレないよう在籍確認を避ける方法はないのか、解説していきます。

スポンサーリンク


消費者金融の在籍確認のやり方

在籍確認は基本的に電話確認で行われます。とはいえ、「A金融ですが、Bさんはいらっしゃいますか?」なんて消費者金融が自らの社名を名乗って単刀直入に在籍確認をすることはありません。担当者の個人名などで用事があるかのように取次ぎを依頼します。申込者がそのとき電話に出られなかったとしても、申込者が在籍していることがわかれば十分です。消費者金融からの電話ということは周囲にはわかりません。
とはいえ、電話を受け取った人からさっきの電話は何だったのかと尋ねられることもひょっとしたらあるかもしれません。そのときはクレジットカードの在籍確認だったなど、適当な理由を言えばいいだけです。クレジットカードなら恥ずかしくありませんし、周囲も怪しいとは思わないでしょう。
ただ、それでも不在電話の折り返しなどで職場にバレる可能性はゼロではありません。

在籍確認なしで済ます方法は

消費者金融によっては事前に職場に電話してほしくない旨を相談することで電話確認を避けられる場合があります。その際は代わりに会社への在籍を証明する社員証や給与明細書、源泉徴収票、保険証等の書類提出を求められることが多いようです。

また、消費者金融の中には在籍確認そのものを行わない会社もあるようです。これは筆者の体験談ですが、会社が平日休みでその日に無人契約機で契約したのですが休みなので誰も電話に出ることはないのですが即時契約できました。過去に支払延滞などの事故を起こしていないので省略されたのかもしれません。

最後に

電話での在籍確認をどうしても避けたい場合は申込の前に消費者金融にお問い合わせをされることをおすすめします。そうすれば時間を無駄にしたり申込の履歴が残るのを避けることができます。
また、消費者金融に職場へ電話しないよう依頼するときはその理由も明確に説明しましょう。納得のいく説明なしでは不審に思われてしまい通る審査も通らなくなってしまいます。

スポンサーリンク