マンションや一戸建て住宅を購入する上で多くの方が利用することになる住宅ローン。金利が非常に低いため、賃貸のマンションやアパートに住み続けるよりも住宅ローンを利用して住宅を購入することを選ばれる人もいるかと思います。

住宅ローンの審査では過去の金融履歴が調べられ、その中には消費者金融の利用履歴もあります。過去、そして現在の利用状況によっては審査で非常に不利になります。

住宅ローンの審査について、そして消費者金融と住宅ローンの関係を調べました。

スポンサーリンク


住宅ローン審査で不利になる条件

住宅ローンの審査ではクレジットカードや銀行カードローンの審査と同様、過去の金融履歴が調べられます。場合によっては審査で不利になるどころか、一発で審査するものもあります。

住宅ローン審査で即NGとなる条件

以下の履歴が残っていると審査通過は絶望的になります。

債務整理

自己破産や任意整理、個人再生、特定調停など様々なものがありますが、どれかの履歴が残っているとそれだけで審査落ちします。

債務整理の履歴は5~10年残ってしまい、途中で消すことはできません。

支払い延滞

クレジットカードやローン、携帯電話の支払いを延滞すると、信用情報に記録されてしまいます。

支払いの延滞は債務整理と並ぶ重大な金融事故として扱われています。

延滞の履歴は返済完了から1~5年、返済せずに延滞し続けるといつまでも残ることもあります。

住宅ローン審査でマイナスになる条件

以下の情報があると審査でマイナスになることがあります。

現在借入がある

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠、銀行カードローンなどでお金を借りていると、金融機関からは把握できるようになっています。

中でも多額の借入がある人や複数の会社から借入がある人は、審査において大きなマイナス要素となります。

過去に消費者金融を利用している

消費者金融に限らずキャッシングやカードローンを使うということは、それだけ金銭的に追い詰められたということでもあります。

金融機関によっては既に完済していたとしても借入の事実だけでも審査でマイナスにすることもあります。

借入の記録は最長で5年残ります。

住宅ローン審査を通すために

年収や勤続年数を変えることはできませんが、以下の点は改善可能です。

現在の借入額をゼロにする

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠、銀行カードローンから借りているお金を、給料やボーナスなどが入ったタイミングで一度精算し、借入がない状態にしてから住宅ローンを申し込みします。

消費者金融を解約する

借入をゼロにしたら今度は消費者金融を解約します。借入の予定がないのであれば解約しておいたほうが審査では有利になります。

まとめ

自己破産や延滞を起こしている、いわゆる金融ブラックになっている人は履歴が消えるのを待つしかありません。

消費者金融から借り入れしているからといって住宅ローンの審査で落ちるわけではありませんが、借入はないことが望ましく、借入だけでなく解約もしておけば審査でプラスに働く可能性があります。

スポンサーリンク