消費者金融のキャッシングは審査が早くて通過しやすいのでお金が急に必要になったときに便利です。ですが、金利が割高なのですぐに返済できるならいいですが長引くと負担が大きくなります。
対して銀行のカードローンだと消費者金融より時間がかかって審査も通りにくいのですが、金利は低めに設定されているのでこちらのほうが負担が軽くて済みます。返済が長引くのであれば消費者金融から銀行カードローンに借り換えたほうがお得です。
このページでは借り換えの基本や注意点、おすすめの借り換え先を解説していきます。

スポンサーリンク


借り換えとは

借り換えというのは簡単に言えばすでにある借金を、別のところからお金を借りてそのお金で元の借金を返済することです。借り換え先の金利が元の借金の金利より低ければその金利分だけ負担を軽くすることができます。
消費者金融などのキャッシングの利率が18.0%前後であるのに対しほとんどの銀行カードローンは14.0~15.0%前後ですので、借り換え先は銀行カードローンがおすすめです。

また、借り換え専用のキャッシングもあり、借り換えローンやおまとめローンなどといった商品名になっています。消費者金融などからお金を借りる際、通常は「総量規制」といって年収の3分の1を超える金額は借りれないようになっています。ですが、借り換えで利率が下がり条件が良くなるとき、「一方的に有利な借り換え」になる場合は総量規制の対象外になります。

借り換えのメリット

金利が下がることで払う利子を下げることができます。もし100万円の借入があるときに利率を3%下げられることができた場合をシュミレーションしてみます。(利息のみ計算した大雑把なものです。)
利率が18%の場合、1年間の利息は18万円、月々1.5万円。
利率が15%の場合、1年間の利息は15万円、月々1.25万円。
1年間で3万円、月々の支払いが2500円安くすることができます。借入の額が大きければ大きいほど、返済にかかる期間が長ければ長いほど借り換えをするメリットは大きくなります。

借り換えのデメリット

借り換えを行なうことによるデメリットはほとんどありません。強いて言えば審査が通らなかったとき時間と手間が無駄になってしまうぐらいです。

スポンサーリンク


おすすめの借り換え先

金利は低いに越したことはありません。安定した高収入のある方は好条件の銀行カードローンの審査も通過できるでしょうが、そうでない方にとっては審査の通りやすさも重要なことです。また、お金をすぐに借りたい方もいるでしょう。
そこで、審査の通りやすさと金利の低さ、審査の早さの3つの視点から総合的に借り換えにおすすめの銀行カードローンを紹介していきます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

数ある銀行カードローンの中で審査の難易度は甘め~普通程度と言われています。
金利は年1.8%~14.6%で審査も非常に早く、全国各地のテレビ窓口から申込をすると最短で40分で利用可能になります。
審査はインターネットからも申込できて審査結果は最短で30分で回答、審査OKの場合はテレビ窓口で契約手続きとカード受け取りをして利用できるようになります。

三井住友銀行カードローン

保証会社は消費者金融として有名なプロミスです。プロミスの審査に通るからといってこちらの銀行カードローンが通るというわけではありませんが審査基準は似通り、審査は他の標準的な銀行カードローンと比べるとやや甘めとされています。
金利は年4.0%~14.5%で、三井住友銀行のキャッシュカードを持っていなくてもローン契約機などから申込できます。審査結果はその場か、遅い時間帯だと翌日にわかります。

楽天銀行スーパーローン

専業主婦であっても借りられてというクチコミが多数ある銀行カードローンです。
金利は1.9%~14.5%で審査も早めで、申込から2営業日以内に結果がわかります。

みずほ銀行カードローン

10万円~1000万円のコンフォートプランは金利3.5%~14.0%、200万円~1000万円のエグゼクティブプランは金利3.0%~7.0%と銀行カードローンの中でも低金利になっています。
申込はWeb上で完結し最短で即日利用が可能ですが、審査はややきびしめとされています。安定した収入がある方におすすめです。

番外編・借り換えの裏ワザ

金利は低くなくても一定期間利息0円で貸してくれるカードローンもあります。総量規制内でこれを利用していくことで利子を節約できます。

スポンサーリンク