街金、サラ金とも呼ばれることもあり怖いイメージを持たれている消費者金融。ヤミ金と混同されて必要以上に恐れられていますが、法規制がされているので実際はTVや漫画のような取り立てはありませんし不可能です。それでは、消費者金融の取り立てを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク


法律による取り立ての規制

貸金業法第二十一条により取り立てで債務者を威迫、私生活若しくは業務の平穏を害するような言動は禁じられており、以下のように規制されています。

早朝・夜中の取り立てを行わない

「正当な理由がないのに」午後9時以降午前8時までの時間帯に、債務者に対して電話やFAX、訪問することは禁じられています。
なにをもって正当な理由とするかは明確ではありませんが、連絡なしに支払いの滞納したときに、日中に電話しても繋がらないときなどは9時以降でも連絡される可能性があります。

例え支払いが遅延したとしても債務者から連絡があるときには日中以外の取り立ては特に制限されます。

自宅以外に取り立てを行わない

「正当な理由がないのに」勤務先など自宅以外には電話やFAX、訪問することは禁じられています。
支払いが延滞してるのに連絡がつかない場合などは職場に連絡がかかってきてしまう可能性があります。支払えないとしても消費者金融から電話があったときには必ず折り返して相談する必要があります。

債務者宅に居座ることはできない

消費者金融は債務者の自宅などを訪問したときに、債務者等から退去してほしい旨を伝えられたら退去しなければなりません。

第三者に借入の事実を伝えてはならない

張り紙や立て看板などで、第三者に借り入れの事実を明らかにする行為は禁じられています。

債務者に他からお金を借りて返済することを求めてはならない

債務者に支払いのお金がないとしても、他の消費者金融などからお金を借りて自分のところの借金を返済するよう求めることは禁じられています。

第三者に債務者に代わって返済するよう求めてはならない

債務者の親類や友人などに対して代わりに返済してもらうように依頼することは禁じられています。

第三者に取り立ての協力を強要してはならない

第三者が取り立てへの協力(居場所や連絡先の提供など)を拒否しているのに、更に協力を求めることは禁じられています。

まとめ

ドラマや漫画にありがちな怖くて迷惑な取り立ては、実際には法律でできないことがわかります。

貸金業登録をしている正規の消費者金融であれば、例え支払いを延滞することになっても自分からその旨を連絡して音信不通にならなければ良いのです。任意参加の自主規制機関、日本貸金業協会に参加している消費者金融であればなおさら安心です。

正規の消費者金融になりすましたヤミ金にだけはお気をつけください。

スポンサーリンク