35日間の利息0円サービス、独自のポイント還元で人気のライフティ。

ライフティの審査時間や結果の連絡方法、また、審査落ちしないための対策をまとめました。

スポンサーリンク


ライフティの審査対象

ライフティは20歳から69歳までが審査対象で、大手の消費者金融と違って過去に自己破産や民事再生など債務整理をしている人や支払い延滞でいわゆる「金融ブラック」になっている人に対しても融資を行っています。

ただし、消費者金融で総量規制の対象となるため、年収がない人やすでに他社から年収の3分の1の金額を借りている人は通常のキャッシングやカードローンは審査通過できません。おまとめローンに関しては審査通過の望みがあります。

ライフティの在籍確認

他の消費者金融と同様、ライフティでも職場に電話連絡をして在籍確認をします。

ただし、消費者金融には借入が第三者に知られてはならないというルールがありますので、消費者金融だということは伏せて個人名などで連絡をします。

ライフティの審査時間

公式サイト上には記載がありませんが、ネットの広告では「最短即日融資可能」と記載されているものを見かけるのですが、実際に申込をした人の口コミを見てみると数日か数週間待ったという体験談も見つかります。

金融履歴に問題がなく年収の高いなど信用情報が高い人であれば即日融資も十分可能ですが、自己破産や支払い延滞など金融ブラックの人や年収が低い人、すでに他社から借入があるなどは審査が長期化することもあるようです。

ライフティの審査結果の連絡

審査結果は電話とメールで連絡が来ることになっており、申込時に希望連絡先の優先順位を自宅、携帯、会社の3つから選んで入力します。申込に固定電話も携帯も両方必要というわけではありません。

もし電話連絡を希望しない場合にはWeb上からではなく、電話で申込をされることをおすすめします。

ライフティで審査落ちを避けるために

以下の4点に気をつければ審査落ちのリスクを減らすことができます。

総量規制

ライフティは消費者金融ですので、年収の3分の1までの金額までしか借りられないよう法律で規制されています。

すでに他の消費者金融から規制ぎりぎりまで借りているときには審査通過は絶望的なので、一度返済して余裕を作ってから申込しましょう。

借入総額を減らす

消費者金融から借入がある場合、他の消費者金融にも現在の借入額がわかるようになっています。

まだ総量規制の上限まで余裕があるにしても給料日などのタイミングで、できる限り借入を減らしてから申込したほうが印象が良くなります。

借入件数を減らす

借入をしている消費者金融の数が多いと、多重債務者とみなされ審査で不利になります。

借入をしている会社をできる限り減らしてから申込することをおすすめします。

他社借入額・件数を正確に入力する

消費者金融は申込者の他社借入額・件数を把握しています。

誤った情報を入力するとあなたが正確な借入を把握できていない金銭的にだらしない人だと判断されるでしょう。ですので、他社借入額・件数は正確に入力してください。

スポンサーリンク