大手にはない柔軟な審査対応と、審査時間が非常に短いのが特徴の消費者金融のセントラル。

セントラルの審査時間や結果の連絡方法、また、審査落ちしないための対策をまとめました。

スポンサーリンク


セントラルの審査対象

セントラルは20歳以上の審査対象で、大手の消費者金融と違って過去に自己破産や民事再生など債務整理をしている人や支払い延滞でいわゆる「金融ブラック」になっている人に対しても融資を行っています。

ただし、消費者金融で総量規制の対象となるため、年収がない人やすでに他社から年収の3分の1の金額を借りている人は通常のキャッシングやカードローンは審査通過できません。

セントラルの在籍確認

他の消費者金融と同様、セントラルでも職場に電話連絡をして在籍確認をします。

ただし、消費者金融には借入が第三者に知られてはならないというルールがありますので、消費者金融だということは伏せて個人名などで連絡をします。

ですので、消費者金融に融資の申込をしていることが職場にばれることはありません。もし職場の人に突っ込まれたときには「クレジットカードに申込をしたので、その在籍確認だと思う」と答えるのが無難でおすすめです。

セントラルの審査時間

セントラルは無人契約機で申し込めば即日で融資を受けられ、Web申込でも最短で申込当日に審査が完了し、当日に融資を受けられることもあります。

自己破産や支払い延滞など金融ブラックの人や年収が低い人、すでに他社から借入がある人の場合、他の消費者金融では審査が長期化する傾向がありますが、セントラルはそういった方にも短時間で審査を行なうようです。

セントラルの審査結果の連絡

審査結果はメールか電話で連絡が来ることになっています。即日に融資を受けたい方はこまめにメールボックスをチェックすることをおすすめします。

セントラルで審査落ちを避けるために

以下の4点に気をつければ審査落ちのリスクを減らすことができます。

総量規制

セントラルは消費者金融ですので、年収の3分の1までの金額までしか借りられないよう法律で規制されています。

すでに他の消費者金融から規制ぎりぎりまで借りているときには審査通過は絶望的なので、一度返済して余裕を作ってから申込しましょう。

借入総額を減らす

消費者金融から借入がある場合、他の消費者金融にも現在の借入額がわかるようになっています。

まだ総量規制の上限まで余裕があるにしても給料日などのタイミングで、できる限り借入を減らしてから申込したほうが印象が良くなります。

借入件数を減らす

借入をしている消費者金融の数が多いと、多重債務者とみなされ審査で不利になります。

借入をしている会社をできる限り減らしてから申込することをおすすめします。

他社借入額・件数を正確に入力する

消費者金融は申込者の他社借入額・件数を把握しています。

誤った情報を入力するとあなたが正確な借入を把握できていない金銭的にだらしない人だと判断されるでしょう。ですので、他社借入額・件数は正確に入力してください。

スポンサーリンク